菅内幼稚園(すげうちようちえん)|山口県山口市大内

園のおもい

画像:ページイメージ

大切にしていること

その子らしさを大切にし、引き出し、伸ばそう

得意なこと、興味・関心のあること、性格などは一人一人違います。けれども、子どもたちは無限の可能性をもっています。私たちは、その可能性を信じ、個々と向き合い、伸ばしていきます。

画像:イメージ

あそびから生まれるまなびを大切に

子どもたちは”あそび”のcreator(創造者)です。私たち大人がいつしか気にもとめなくなってしまったり、気づけなくなってしまったことに興味・関心を持ち、それをたちまちあそびに変えてしまいます。
私たち保育者はそのあそびから保育へのヒントをもらい、逆に保育者が環境を整えて、子どもたちにあそびの「きっかけ」を与えるというような「あそび↔まなび」という関係を大切にします。

画像:イメージ

たしかな教育・保育を提供しよう

私たちは教育・保育のprofessionalとして、教育・保育の質の向上のため園内外の研修を通して、常に自分たちの教育・保育を見つめなおすとともに自己研鑽に励みます。また、研修や私たちが行っている教育・保育についてホームページやルクミ―アプリ(ルクミ―アプリは保護者向け)等を通して積極的に情報を発信していきます。

画像:イメージ

教育理念

「様々な体験を通して、豊かな感性と創造力をみがき、生きる力の基礎を育む」
の教育理念のもと、園の想いをカタチにしていきます。

園長のおもい

はじめまして。菅内幼稚園園長の 阿野 圭太郎(あの けいたろう)と申します。
本園は、昭和 59 年の開園以来、大内地区唯一の私立幼稚園として、地域の就学前教育の受け皿を担って参りました。以降、次第に就学前の教育・保育のニーズ(特に 0~2 歳児)が高まってきており、現在の幼稚園ではこのニーズをすべて受け止めることに限界があると感じるようになりました。また、能力・人格・思考パターンが形成されるといわれる 0 歳から 6 歳の時期に、きめ細かな一貫した教育・保育を提供したいという想いが強くなりました。その想いの実現のため、この度令和 6 年 4 月より幼稚園型認定こども園への移行および園舎の新築を決定致しました。
認定こども園移行に先立ち、本園の 教育理念の下、教育・保育の質を高めるため職員一丸となって様々な新しい取り組みを行っております。
来年度より制服やカバンを一新し、認定こども園移行と同時に給食提供方法が自園調理へと変わります。化学調味料不使用、生野菜の積極的利用、県産米使用など子どもたちの健康を一番に考えた給食を提供します。また、大内地区以外からも多くの方に本園に通っていただいておりますが、市中央部地域にお住いの方も一層通っていただけるように、スクールバスのルート・エリアの拡大を図って参ります。
菅内幼稚園では、お子さまひとり一人に寄り添い、保護者の方と一緒に子ども達を見守り育てて参ります。本園の教育・保育方針にご興味を持たれた方は子育て支援活動に参加または施設の見学をしていただき、是非ご入園・入会を検討いただければ幸いです。

園長

ページ上部に戻る